2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.09.09 (Wed)

合宿中のお話

こんばんは。
はじめまして。
コンマスです。

今回は合宿中に僕の周りで起こったくだらないことや、良く撮れた写真を載せていこうと思います。
活動報告とか今後の方針では無いですよー。
今回、文字の色は目への優しさを込めたグリーンでいきたいと思います。

では、1つ目。
【ノック大事】
この話は今思い出しても吹き出しちゃいます。
合宿中のある朝、太田の『わー。やざわ、ごめん!!!』とゆー大声がトイレの方からしました。何事かと思うと、どーやら、う○こ途中だった谷澤のトイレのドアを太田が開けてしまったようです。
衝撃です。
トイレのドアをミスって開けちゃうということ自体、かなりレアなケースですが、その当事者が太田と谷澤です。その絵面を想像しただけで腹が捩れるほど笑いこけてしまいました。花園の2階のトイレは結構狭いのですが、谷澤も別に露出狂というわけではなく、鍵を掛けていたらしいのですが、どうやら壊れていたみたいですね。
谷澤も相当驚いたと思いますが、太田も朝っぱらからとんでもないものを見てしまってさぞびっくりしたことでしょう。太田曰く一瞬過ぎたことと、眠かったことでほぼ頭真っ白だったそうですが。
皆さん、花園の2階のトイレのドアの鍵は壊れています。来年からはドアノックを忘れずに。

続いて2つ目。
【甘い話】
サードパートのモテそうな1年生、氏原のお話です。
サードでのティータイム。太田関高橋がお布団ごろごろをしている最中、僕と氏原と坂本でお洒落に珈琲を嗜んでおりました。
その時、何を血迷ったか氏原は珈琲に角砂糖2つか3つと粉末ミルクのような粉を大量に投入し、さらに蜂蜜まで持ち出そうとしておりました。
意味不明です。
これにはムロポンもびっくりです! 
僕もひと口貰いましたが、意味分からん位甘ったるくて、珈琲要素ゼロのドリンクでした。
しかし彼は平然と飲み続けます。珈琲は眠気を吹き飛ばすためのカフェイン摂取ではなく、糖分を摂取するために飲むそうです。
甘いマスクの男は甘いモノが好きなんですね。
その後も、彼はティータイムになっては、甘すぎる珈琲では物足りず角に砂糖単品をぺろぺろと食べておりました。
甘い!
ちなみに、サードパートもう1人の1年生、坂本はどちらかというと、甘くないものの方が好きそうです。煎餅とかお茶とか、渋い系が似合う男です。

3つ目。
【ハードゲイ】
これは写真付きです。
我が部活支部長髙井と彼の直属の後輩大江のツーショット写真です。これだけ見ると2人とも若干ゲイっぽいです。合宿中でも良い雰囲気になってる場面が多々あったようななかったような。セカンドの闇は深いです。
この写真は花園すぐそばの河口湖で撮ったものです。
合宿1


他にも良い写真が撮れたので貼っておきます。
合宿2


4つ目。
【髙井仏】
これは僕と菅野と太田の3人で寝ていた部屋の押入れで撮れた奇跡の1枚。
この部屋は、ラブホのような間接照明と、去年H先輩がムーディーに寝たことで、ダンディーな部屋として人気のお部屋です。合宿中は毎晩誰かしら入り浸り、我らの神聖な寝床をぐちゃぐちゃにしておりました。
これはある晩、ノリで部屋の中を真っ暗にして写真を撮っていたら撮れてしまったものです。髙井の顔が生き仏みたくなっちゃっています。フラッシュを使ったので髙井の目は光っており、さらに不気味さを醸し出しております。ちなみに、一緒に写りこんでしまった白のバスタオルと手ぬぐいは僕ので、肌色のバスタオルは多分太田のです。
合宿3


他にもシュールなのがあったので載せておきます。
この日の夜の僕の布団のシーツはぐちゃぐちゃになって部屋の隅っこに丸まってました。
合宿6


5つ目。
【上村ゴリラ】
これは片井が描いた上村の絵の横でポーズをとる上村の写真です。かなり好きな写真だったので載せます。
片井の絵心半端ないです。
合宿4


最後に。
【まとめ】
まだまだ面白かったことや載せたい写真も一杯あったのですが、もう疲れちゃったのでこのくらいにします。
初めてブログ書きましたが、書き出すと意外と止まんなくなっちゃいますね。また暇があれば書きますね。

最後になりましたが、今回の合宿。
僕たち3年生にとっては最後の合宿でしたが、色々とワイワイしてて楽しめましたし、内容のある良い合宿だったと思います。みんなの協力のおかげです。ありがとう。
残り4カ月程ですが、これからが本番です。気を引き締めながら、楽しくやりましょう。
合宿4日目には先輩方、わざわざ来て頂きありがとうございました!
最後は集合写真で締めます。
合宿5


スポンサーサイト
23:19  |  部活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sgeblog.blog96.fc2.com/tb.php/234-ae6c7f00

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |