2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.11.12 (Sat)

【芝祭】ギター部の本気【三日目】

←prev「芝祭二日目


芝浦祭も早いもので気づけば最終日です。

果たして、有終の美を飾ることができるのでしょうか?





















そんなことより頭痛が痛い。







迎えた最後の朝は思わず文法がおかしくなるくらいのガチ頭痛で始まりました。なんてこった。

俺の中で欠席はありえないので、さっさとバファリン増しで朝食を頂きます。





そして、リポビタンD服用。



準備日二日目にあのイケメンから貰ったものを大事に冷蔵庫にしまっておいた甲斐があったというものです。
ありがとう、あのイケメン。流石だぜ、あのイケメン。

あのイケメン
↑あのイケメン


無事にドーピングを済ませて30分。

お薬の力は偉大ですね

紛いものだとしても今なら空も飛べる気がする、そんなコンディションまで引きあげてくれます。

そんな今の気持ちをmixiで詠いあげたらタタタラさんに「早く来なさい」と一刀両断されてしまいました。すいません今逢いに行きます。







お腹も壊しながら満身創痍で辿りついた豊洲キャンパス。
客引きなのか「ライブやってまーす」とエレキをちゃかちゃかして歩いている奴に

「駄目駄目駄目駄目!!違うだろ!!ストロークって言うのはもっとこうさぁ!」

と善意からの教育的指導をしたいところをぐっと堪え、エスカレーターで五階へ。







あれ?ギター部の教室なくね?












あれ?教室なくね?




















嘘だろ・・・?あれがギター部・・・?







まだまだこれからという午前10時を回ったころ、

遠目から見てもわかる活気ある体制で営業するギタバがそこにはありました。




二度見してもギター部でした。
三度見してもギター部でした。
階を数え直してもギター部でした。
おっかなびっくりで近づいてみてもギター部でした。


冗談抜きでビビりましたね。営業前にどんなやりとりが行われたのでしょう。




それから荷物を置いて息をつく間もなく船カフェの打ち合わせです。

今回はそんなに人いらないかと、う゛ぁるのふ先輩と二人で行きましたが、

危うく芝浦ラビリンス(※研究棟)の闇に呑まれるところでした。


あそこ、ドアが自動ロックなんですよね。
許可されている学生の学生証がないと、行こうか逃げようか君の望むままになんて歌に喧嘩を売る惨状を呈してしまいます。


というか、呈してきました。


目的地の研究室まであと一歩、硝子の向こうがこんなにも遠い・・・・・


もし研究室の人が通りかからなければあのまま軟禁状態だったことでしょう。
何故高い学費を払ってまで閉じ込められるのか。どれが問題だ。




10分もない打ち合わせを済ませても、休む暇はありません。


何故ここでチラシを作れと。

準備期間ならいざ知らず、まさか学祭の真っ最中にPC室に押し込まれるとは思いもしませんでした。

頼むなら頼むでもう少し余裕をもって依頼してくださいAltパート。



定演のIMAホールのある光が丘までの地図を作製したところで、素材不足だと文句を言ってこの日の作業は終了。俺の午前はなんだったんだ。

受付
↑俺と湖がカタカタしてた頃の受付




やっとこさ喫茶店の業務に復帰です。
好き勝手に弾いて許される、こういう場めったにないですからね。

せいぜい気がすむまで弾き倒すとしましょう。

DSC01042.jpg
↑よよへい先輩とちっぷ先輩のデュオ

RIMG0705.jpg
↑海の見える街

DSC01039.jpg
↑アシタカ聶記

RIMG0720.jpg
↑すくぁる先輩と師匠

RIMG0721.jpg
↑ハセ先輩も来てくれました!

DSC01046.jpg
↑ノムラさんもいますよ!





この間、俺はタタタラのジェームスの一弦を華麗に切ってしまい、土下座してました。


どうしても戦場のメリークリスマスが弾きたかったんです。
全てはDADGACチューニングの陰謀に違いない。


※ジェームスは後日弦を弁償して張り替えた上で返却しました。すまんかった。




そういえば、船カフェリベンジにも行ってきました。
芝祭初日のそして誰もいなかったんや!!状態を心配したんですが、今回はわりと人が入っていて安心しましたね。


流石に、身内でお茶しただけで交通費を請求するのは気がひけますし。

しかも、今回は船内と甲板の二ヶ所で演奏です。甲板はアンプ付き。
いたれりつくせりですね。

俺とあのイケメンは船内で演奏したのですが、焦りました。

この雰囲気はディアボロしていいのかと。


なんかいろいろ優雅すぎて、心臓に悪いです。

こんな空気に合う曲は俺はレッドシューズダンスしかないですし。心臓に悪いです。











たったーた たったーた たったーた たたたた ヘイ!!!











結局、弾いたんですけどね。


パンを売る係の人が「情熱的な曲だな」と感心?してくれていたのが唯一の救いです。





-------------------------------------


大学辞めたとか行方不明になったとかひきこもりになったとか数々の情報が錯綜していましたが、やっと出会うことが出来ました。



DSC01047.jpg

ダヤマ先輩!!!!


こうして会うのは一年ぶりです。
独奏会も夏合宿もメールが返ってこなかったと聞いて心配していたのですが、元気そうでなによりです。

DSC01049.jpg
↑そうして集結!四年生。皆さんお久しぶりです。








こうして、今年のギターバックスコーヒーも閉店です。

最終日は全ての人が考えて、協力していて、大変素晴らしいものだったと思います。
楽しかったのがそのいい証拠でしょう。

DSC01053.jpg




















たなかつ先輩「・・・ぇええええぇぇぇぇぇ!?」




















DSC01054.jpg






楽しかったですね(笑)







じょじょ
↑そして、いつものアレ





お祭りの後はみんなでお片づけです。

余った紙コップ類はハナメガネとタタタラによって醜くも美しい争奪戦(じゃんけん)が行われ、その様を見たかも先輩とたなかつ先輩は

「紙コップが必要とか考えられないんだけど」「一人暮らしは大変だな」

と話していました。正確には、『溜まり場になる』一人暮らしには必要なんです。

RIMG0723.jpg
↑片づ・・・・け?


余った備品が振り分けられ、セッティングしたものが大体取り除かれた頃。





パンフ係の権力を笠に、あのイケメンが無茶ぶりを開始しました。


「おもしろいことしてくださーい(笑)」の言葉とともに撮られる写真の数々、どんどん上がるハードルの高さ、まったくもって恐ろしい男です。流石写真部を一人で三枚も制圧しただけはあります。

03.jpg
↑あのイケメン




みんなが一体どんな写真が撮られたかは、定演のパンフレットでわかることでしょう。
ちなみに俺はスベりました。慣れないことはするもんじゃないですね。


-------------------------------------


さて、如何だったでしょうか?
かなり荒くまとめましたが、今年の芝祭のこんな感じでした。

一年生、二年生、三年生、準備日を含めた5日間をどう感じたでしょう?
俺はギターを上手くなろうと改めて奮起しているところです。
早速金曜練サボってしまいましたが。


一年生は芝浦祭がどういった感じかわかったことだと思います。
願わくば来年、自分の好きな曲をソロで、デュオで、アンサンブルで披露出来るように頑張ってください。
それが絶対に楽しいです。

二年生は大体が豊洲に誘拐されるので部活に顔を出す機会自体少なくなりますね。
来年の芝祭、まだ見ぬ来年の1年生とインパクトある顔合わせをするためにもレパートリーを増やすのも悪くないでしょう。少なくとも俺はドヤ顔してみたいです(ドヤァ

三年生は部活としての芝浦祭、お疲れ様でした!残すところは定演だけですね。アンケートで色よい評価が貰えるように俺も頑張っていきます!勿論、引退してからも遊びに来てくださいね(笑)



最後に、芝浦祭の係として、準備、運営、後片付けの手順から雰囲気作りまでたなかつ先輩には大変お世話になりました。
先輩があそこまで尽力してくれなければこの成功はなかったと思います。
本当にありがとうございました!!!


では、みなさん。
土曜練習、気張っていきましょう。








ちなみに、気になる芝祭の今年の利益は―――――――――。




Thank you for reading it!!

管理人 よっちゃん
スポンサーサイト
02:05  |  部活  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

若さを感じます。とても楽しそうですね。

第四十八回のギターアンサンブル部定期演奏会も楽しみにしております。

練習は益々大変になっていくとは思いますが、皆様で団結し練習に精進してください。

では本番で
芝猫 |  2011.11.18(金) 16:07 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sgeblog.blog96.fc2.com/tb.php/119-d60d0403

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |