2012年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.10.13 (Sat)

土曜練[EASY]

某月某日


どうしたん?ああ今赤羽で別れたとこだけど。

長くなるのか。かけ直せばいいんだな。了解。





今帰ったぜ。それで?

まぁ、普通にまずいよね。俺が言うなって感じだけど。

そういやそれ今日話そうと思ってて忘れてたわ。先輩にも言われたしな。

やるしかないか・・・やりたくないな(笑)


そうなると時間どうしようか。……しんどいけどそうなるよなぁ。

うわぁやりたくないやりたくない頑張ろうぜ(笑)

・・・いいぜ、この後メーリス回すわ。


よし、それじゃお大事にー。









そうして、土曜練習が決定した訳です。


あ、皆さんこんばんわ。

居るようで居ない、居ないようで居る、Web管理人のよっちゃんです。


今日の練習は皆さんお疲れ様でした。



あの降り注ぐ欠席連絡のメーリス流星群をよくぞ耐え抜いてガシミヤに辿りt(略



労をねぎらうピントがずれてるとか言いっこなしです。

しかし、俺の今までのギター部生活でもあの量は初めてでしたね。





で、その流星群の一人としてメーリスを送って遅刻しながらも部室に到着。

部室にはみやっさんが居たので、一緒にギターを準備して危うく二号館に入りそうになりながらも三号館の練習場所へ。




4人。














4人。



10進数で4。16進数でも4。

2進数なら100と何だか勇気が出そうですが、勇気が出るだけです。


そこに、後続の俺とみやっさん、どっか行ってた部長を入れて7人。

3rdとbassパートが息をしてないのは比喩でもなんでもなかったりします。


それでもいないのは仕方ないですからね。

Alt3人、1st3人、2nd1人の少数精鋭で東風の譜読みにゆるゆるだるだるマルマルモリモリ取り組みます。





そうこうする間に、ハセベさんが来てSSKさんが来てコダイラも湧いて出てSATOは秋葉で買ったLEDをドヤ顔で見せつけてきてコバヤシが芽を出して、いじっちはバイトを終えて合流してきてと人が増えてきてからの話。






121013_1553~01








SSKさん「ああいうの見ると水かけたくなりますよね。

HSBさん「いや、水かけちゃ駄目でしょ。」

DHR「サードハコワイトコロダナー

SATO「コワイトコロダナー




いや、まったく一年生の新しい一面にして将来有望な「また3rdか」枠が出来て戦々恐々としてます。


何で水かけたいのか聞いてみると、

「ブログを読んだら3rdは1stをイジらなきゃ駄目なのかなと思って」とのこと。



ここに来て、罪悪感で一杯です。


改めて入っておきますが、俺の書く記事は冗談にジョークを混ぜたようなどうしようもないものなので本気にしちゃ駄目だよ!!



兎に角、ここは1stの先輩としてまっすんに3rdの人間には気をつけろと一つ助言を・・・・・・



HSBさん「ちなみに、どっちに?」

SSKさん「コダイラ君に。









※彼はAltです。



コダイラ逃げて超逃げて。





そんな10分間の休憩に本当にあった3rdの話はさておき、東風の話をちょっとしますか。

今日6時間もやったお陰で縦が合っていなかったりリズムがまだまだ不安定なものの、今日来ていた人は流れを掴んでくれたと思います。

楽譜が長いこともさることながら、ダルセーニョだのダルセーニョセーニョだのダブルコーダにリピート記号楽譜を往復しまくるので、今日来られなかった人も早いうちに慣れといてくださいね。




テンポ160の境地に至れたらなおのこと良いです。



ちなみに、今日は前半だけ120で試したよ!!

案外弾けてたから来週は通して出来るといいね!!



それでは、来週の土曜練も風になりましょう。

あと風邪には気をつけるように。



管理人 よっちゃん
スポンサーサイト
23:45  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.10 (Wed)

東風の弾き方?話は右手だけで機関銃を表現してからだな。

★☆.゜.☆★.゜。★☆。゜.゜☆★゜.゜。★☆。゜.★☆
コメント返信


>TTR
まてまて!!俺はむしろIbanez好きだと言ったはずだぞ!?


(°д°∩)

★☆.゜.☆★.゜。★☆。゜.゜☆★゜.゜。★☆。゜.★☆





まっすん「先輩が凄い今忙しいって噂を聞いたんですけど。」





皆さんこんばんは。

今日も今日とて部活お疲れ様です。




そういう訳で、詳しい説明をさせてください。

このままだと雪だるま伝言ゲームで終いには、悪い先輩(3rd)に騙された柏餅辺りが、

「先輩何か今専門科目で去年履修人数10人だった地雷演習のせいで三徹してJavaのコードを打ち続けた挙句悟りを開いたものの飢えて即身仏になりかけたって本当ですか?」

という意味のわからんキャラ付けをされかねませんからね。


忙しいというのはつまり、研究室配属のため、各研究室の説明会が基本的に毎日5限にあるだけで、時間を取られるものの干からびそうな程ではないです。


というか、俺如きが忙しいわー忙しいわーと語っていると、毎日豊洲で13時間学習のミヤネ屋に、

超電導はんだごてブラザーズ

とかされかねませんからね。電気工は怖い所です。



弁明も終ったところで、今日の話でもしましょうか。

一先ず図書館に引き籠るのを良い時間で切り上げて、電車を乗り継ぐこと1時間半。

途中、寝過して蓮田に強制連行されたものの五体満足で大宮キャンパスに降り立ったところから話は始まる訳ですね。




到着時刻:3時半過ぎ







早く来すぎました。

必要とは言え、何時間もJavaのソースコードとにらめっこするのはしんどいですからね。

ついつい逃避行してしまいました。いやぁ失敗失敗。


それで、部室に到着。情報工面子が大体揃ってましたね。
適当にギターを弾きつつ時間を潰します。





途中合流したヒラノ先輩にDEPAPEPEのTigerの弾き方を教わったりしているとあっという間に6時。

三年生は各々の理由で遅れてくるようでしたが、不思議に思うことが一つ。





部長がいません。




TTR「タネならTKN君が風邪で休みだって言ってたよ。」








レコーディング健康法はどうやら嘘っぱちだったようです。

だからあれだけ休めと。

きっと委員長会議で残った体力を持ってかれてしまったのでしょう。



そういうことで、今日は一応コンマス(笑)の俺が取り仕切ることに。

ありそうで今までなかったので、何だか新鮮ですね。





基礎練を終えて、最初はVSから。

編曲者の俺が部活に不在で練習がおざなりになっていたと聞いたので、この機会にしっかりやります。


一先ずテンポを上げることが差し迫った課題ですかね。

「はい、Altもう一回ー」「1st走るなよ?」「そうそう2ndそんな感じ」「3rdちょっと飛んでみろよ」「bassの方々に僕から意見することはないですはい」と逐一注意しながら練習していましたが、今日は時間が押しててテンポ140で半分しかいけなかったのが残念です。

まぁでも聞いた感じ、更に10上げた150くらいが雰囲気的にちょうどいいですかね?
また次の機会に見極めるとしましょう。


お次はレイダース。
これは単純に配られたばっかのせいかリズムがよれまくってましたが、まぁそこまで複雑には見えなかったので慣れればすいすい行きますかね?まぁ全体譜を流し見した印象ですけれども。



そして最後にから吹くです。

いやぁ、難しいしきっとてこずるだろうなぁとは覚悟してましたが、回るパート全てに苦笑いされる始末。

それでも、皆が楽しんで弾けるように編曲したから程ほどに頑張ってね!!


余談ですが、夏合宿で「楽譜そんな難しくないんだよねー(笑)」と余裕綽綽だったbassパートに一泡吹かせて何だかよくわからない達成感に包まれております。それでいいのかコンマス(笑)。




そんな感じで本日の部活は終わり。

そう言えば、ギターを片付けた後の雑談でハセベさんに、

前回のブログの私のキャラ付け(ラスボス)がわからないんだけど」

と聞かれましたが良い質問です。この機会に答えてしまいましょう。



俺はブログに限らず、誰かしらを表現する時に【ラスボス】と言う表現を多用しますが、これは単純に適当に使っているのではなく、


ダーハラ的三年生キャラ付けリスト(10/9調べ)

Alt
・たねやん :ラスボス(部長)
・みやっさん:(笑)

1st
・ミヤネ屋 :ラスボス(物理)
・ワカイ  :ラスボス(芝祭)

2nd
・いろっぺ :ポケモンマスター
・ナーシマ :チャーラー

3rd
・いじっち :ラスボス(いじっち)
・TKN    :仇敵
・SATO   :共犯

bass
・TTR    :ラスボス(首領)
・ハセベさん:ラスボス(ピアノ)


と、実に同学年だけでもその半分がラストダンジョンのボスの任に就いてる訳です。

つまり、否が応にも【ラスボス】と言う名詞を使わざるをえないのですよね。



そんな話をTKNにしたら、「クリアさせる気ないだろそのダンジョン」と言われました。


言われずとも、俺もクリア出来る気がしないです。



管理人 よっちゃん
01:06  |  部活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.06 (Sat)

課題曲が全部揃った後の話

★☆.゜.☆★.゜。★☆。゜.゜☆★゜.゜。★☆。゜.★☆
コメント返信

社会人2年目のOBさん
>今も昔も変わらずいろんな意味で楽しんでいる様子が伺えて、
私も昔の青春時代を思い出しました。

定期演奏会がいつかは分かりませんが、機会があればOBを何人か誘って
遊びにいきます。
今年も演奏頑張ってください。



わざわざこんな内容の薄い拙い文章を読んで貰ってありがとうございます(笑)
青春と言うにはあまりにムサい男女比ですが、部員共々日々頑張っていますよ!!
とは言うものの、定期演奏会が近づくにつれて悲鳴の数が増えていますが(笑)

今年の定期演奏会は12月16日(日)を予定しておりますので、もしもスケジュールに余裕がありましたら是非ご来場ください!!
ギター部一同、歓迎します!!

★☆.゜.☆★.゜。★☆。゜.゜☆★゜.゜。★☆。゜.★☆




121006_2043~01






ダーハラ肩書きまとめ[10/6現在]
・なんちゃってギタリスト
・コンマス(笑)
・Web管理人
・にわかベーシスト←New!!







みなさん、こんばんわ。

全開の本気出した記事群から早くも一ヶ月、大学も始まり授業も固まったところでしょうが皆さんお元気でしょうか?





買っちゃいました。















買っちゃいました(二回目)


最初から飛ばし過ぎですかね。まぁそれだけテンションが高いということです。

先輩方とバンドを組むことになったので、

「ならどうせだし良い感じのベース欲しいな」

と思ったのが夏休みを折り返した辺りの話。


しかし、ベースの良し悪しなんてさっぱりわからないですからね。
一先ず情報収集から始めた訳なのですが。



【新大久保楽器店にて】
俺「Ibanezのこれはかっけぇな・・・」

いじっち「いいんじゃね。」



↓↓↓↓↓↓↓↓↓


【ある日の部活】
俺「Ibanezかっこいいと思ったんだけど、評判どうなん?」

ナーシマ「俺はIbanez好きじゃないっていうか、ぶっちゃけ嫌いかな。

俺「」




↓↓↓↓↓↓↓↓↓


【ある日の部活2】
俺「Ibanezってどうなんだろ」

タタタタラ「俺のエレキはIbanezだけど、あんまりお勧めしないかな。

俺「」




↓↓↓↓↓↓↓↓↓


【ある日の帰り道】
俺「ベースって何がいいんですかね?」

かも先輩「Bacchusとかいいよね。高いけど(笑)」

俺「高いんですか(笑)」

かも先輩「後はFenderJapanとかは安くて安定してるかな。」

俺「なるほど。」



↓↓↓↓↓↓↓↓↓


【ある時のスカイプ】
俺「ベースいろいろ聞いて悩んでるんですよね。」

森さん「最初は深く考えず外観が気に入ったのでいいでしょ。弾くの自分だし。」

俺「それもそうですね。」







そういう訳で全ての意見を統合して、

一先ずIbanezを様子見し、

廉価版であるもののFender系列のSquierというブランドで、

見た目100%で決めてきました。(試奏は勿論しましたが)



完璧な采配だぜ!!




はい、ベースの話はここまでにしますか。

そうですね、木曜日に行ったことですし、部活の話でもしましょうか。


「録音するから来い」と部長直々の連絡が来たので、専門科目で教授に、

「やーいこんなメソッドも書けないのかよ(笑)」

と心を折られながらも、東大宮へ向かうこと1時間半。



後期に入ってから、なんやかんやで行けなかったので初めての部活ですね。

「久しぶりだし、きっとみんな歓迎してくれるだろう」と考えながら、ベンチでギターを弾いてるハナメガネと副管理人に片手で挨拶して部室の扉を開けるとそこには。



ハセベさん「ダーハラ君これ(東風)ドロDしなきゃ弾けないんだけど(真顔)」

支部長「ダーハラ先輩これ(東風)ドロAしても弾けないんですけど(真顔)」


俺「こいつは俺の奢りだ。これでも飲んで落ち着くといい(水道水)」


歓迎されて困っちゃいますね。



一息つく暇もなく場所をミーティングルームへ移し、基礎練です。

火曜は掃いて捨てるくらい三年がいるとか言う話でしたが、さすがに木曜はほとんどいないですね。


そのまま定演の曲の合わせ練へ。


単純に、弾けなさ過ぎて焦りました。

新世界とかもう最後まで行ってるのな。





回って、8時。

当初の目的のSummerの録音に裏部へ。

メンバーは1stから順番にたねやん(風邪)ハセベさん(ラスボス)俺(笑)いじっち(いじっち)となっております。


これでもきちんと練習して暗譜してきましたからね。抜かりはありませんよ。


一発OKになる訳でもないのですが。



やればやるほど弾けなくなるような気がする不思議。

録音特有の緊張のせいで虫の息だった部長が、

「アドレナリン出て調子よくなってきた」

といいだすほど。
レコーディング健康法とかで売り出してみましょうか。
もういい休め。





【録音中】

たねやん「~♪」

ハセベさん「♪~♪」

俺「♪♪♪♪」

いじっち「♪~~♪」






ガチャッ

かも先輩「お疲れー・・・・・・」

たねやん「 ( ゚д゚ )」

ハセベさん「 ( ゚д゚ )」

俺「 ( ゚д゚ )」

いじっち「 ( ゚д゚ )」




かも先輩「・・・・・・」







かも先輩「ごめんて。」


海の見える街をやるために他の人たちを呼び出す電話をして、

鍵を閉めずに録音していたところであった悲劇でした。


そのときのグダグダだった完成度を棚に上げたのはSummer組だけの秘密だったりします。



気を取り直して、海の見える街です。

上から、たねやん(アドレナリン)俺( ゚д゚ )かも先輩(わざわざありがとうございます)いじっち(いじっち)タタタラ(TTR)ハセベさん(姉御)アドバイザーとしてヒラノ先輩となっておりました。



海の見える街、こうやって改めてやるとやっぱり楽しいですね。

何だかんだで3年生になりましたが、海が一番アンサンブルしてるって気分になります。

俺が編曲した曲は一年後、二年後の後輩たちのどういう思い出となるんですかね。





ま、そんな感傷はTAKE3辺りで消し飛びましたが。


ここらで一つ、録音が怖い。


管理人 よっちゃん
21:47  |  部活  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |